27

友人たちとの立ち上げたファッションプロジェクト。
「最小限のクローゼット」をテーマに27品目の洋服を提案します。

https://readyfor.jp/users/887433

27-03

『27』の第三弾となるVol.0327-03は「バスクシャツ」です。フランスとスペインにまたがるバスク地方で漁師や船乗りの仕事服として16世紀に誕生したと言われるバスクシャツは、後にフランス海軍の制服としても採用された、歴史あるベーシックウェアの一つです。世界中で愛され続けるこのアイテムを『27』の視点で最高の一着に仕上げたいと考えています。
 
染色について
まず、私たちが特にこだわったのは「色」の再現です。大空をイメージしたこの神秘的な「青」(International Klein Blue)は、1957年にフランス人画家イヴ・クライン(Yves Klein)によって開発された「黄金よりも高貴な青」であり、私たち『27』を象徴するプロジェクトカラーでもあります。鮮やかで深みのある、この特別な色を化学繊維は使わずにコットンだけで忠実に再現するために、私たちは熟練職人を擁する染色工場とパートナーシップを結びました。通常は23回で終えられるビーカー手配(カラーマッチングの試験)を8回繰り返し、生地になる前の段階(すなわち糸の状態)で丁寧に染色することで、私たちは遂に理想的な発色の再現に成功しました。
 
素材について
発色の拘りと同様に工夫を重ねたのは素材です。私たちが目指したのは“繊細かつ頑丈な素材”のバスクシャツ。本来は相反する要素であるこのふたつを両立させるために、度詰めが可能な旧式のニット編み機(島精機SFE 14GG)を選択しました。現在、日本全国でもごく僅かしか稼働していない、この希少な編み機を使用して質の高いスクールセーターを長年作り続けている四国の優良ファクトリーの協力によって、編み立てから縫製までの工程を一枚ずつ丁寧に行いました。糸そのものはインドの超長綿を使用し、拠り方を工夫して毛羽立ちを抑えたなめらかなコンパクトスピニング糸に仕上げました。こうして度詰の効果を最大限に生かすことで、ニット生地でありながらも形崩れが起きにくい、長年の着用に耐えうる強さと上質感を兼ね揃えた素材に辿り着いたのです。
 
縫製について
私たちが提案するVol.0327-03>は一般的なバスクシャツのように一気に生地を作ってから裁断縫製を行うカットソー仕立てのものではなく、それぞれのパーツを一枚ずつ丁寧に編み下ろした後に繋ぎ合わせます。また、一般的に親しまれている従来のカットソー縫製で作られたバスクシャツのカジュアルな着心地を損なわないように、パターンについても細部まで拘りました。
 
例えば、襟ぐり(首元)部分は直線的な裁断ではなく、人間の身体に沿うようにカーブさせることで、着用時により美しく見えるよう工夫しました。シンプルな形の中に多様なテクニックを盛り込み、ニットの立体感とカットソーのシンプルさを併せ持つ着心地を実現させています。
 
また、素肌に着用した際の肌心地の良さや、Tシャツやシャツの上に重ね着をしてもごわつかない動きやすさを目指し、パターンサンプルの製作を何度も繰り返しました。丁寧な縫製とサイズ感の絶妙なバランス調整により現代的なバスクシャツが完成しました。
 
27のベーシックを提案するプロジェクト”27” Vol.03
Copyright © 2020 Yosuke Fujiki Van Gogh all right reserved.