Changes

外部のキュレーション

笠井爾示 写真展 『天使が踊る場所で − “Myself, existing where angels dance”』

会期: 2021年11月6日(土)〜 14日(日)15〜20時(最終入場19時30分)

会場: 天使館  / 東京都国分寺市西元町3-27-9(国分寺駅南口より徒歩15分)

入場料: 500円(税込)

問合せ先: Yosuke Fujiki Van Gogh Co., Ltd.(Tel: 080 4339 4949 / Mail: info@yf-vg.com

写真家・笠井爾示の写真展を開催します。『天使が踊る場所で − “Myself, existing where angels dance”』と題した本展では、笠井爾示が思春期にあたる10歳から18歳の8年間を過ごしたシュトゥットガルト(ドイツ南⻄部の国際都市)に35年ぶりに家族で訪れた際に、母・笠井久子を撮影した136枚の写真の中から厳選し展示、展示します。

幼少期を東京で過ごした写真家の笠井爾⽰は、1980 年 4 ⽉に、⽗・叡(あきら/舞踏家)、⺟・久⼦(ひさこ/プロデューサー)、次男・禮⽰(れいじ/オイリュトミスト)、三男・瑞丈(みつたけ/舞踏家)の家族 5 ⼈でドイツに移住しました。 4年後14歳になった時、家族から離れ、単身シュトゥットガルト郊外フィルダーシュタット在住のドイツ人家庭の半地下の一室に移り、そこから高校に通い始めます。85年3月に叡と瑞丈が、翌年に久子と禮示が帰国した後も、88年4月の高校卒業までドイツに留まり、1人で過ごしました。10代の思春期に、ドイツ語も流暢に話せない彼が孤独に打ち勝ちながら異国の地で⽣きたことは、その後の⼈⽣に多⼤な影響を与えたことは想像に難くありません。

帰国後の91 年、⼤学で写真表現の⾯⽩さを発⾒し、写真家の道を歩んでいくことを選びます。 その頃、⽗は舞踏の世界で活躍し続け、⼆⼈の弟も⽗の背中を追うように⾝体表現を学ぶようになりますが、⺟はドイツに移住する前から患っていたリウマチが徐々に悪化していきます。その母の姿を間近で見ていた笠井は、いつか⼀⼈の⼥性として母の姿を写真に収めたいと思うようになります。

2019年の夏、約 40 年前に家族 で暮らしたドイツ、⼀⼈で過ごしたあのシュトゥットガルトに家族を連れて行くことを決めた笠井は、家族で過ごした朧げな時間や記憶、⼀⼈で過ごした数々の思い出をもう⼀度確認したい、そういう気持ちもあったのではないかと想像しますが、その⽬的はただ一つ、⺟を撮ることでした。写真を始めたあの⽇から⼼の奥に秘めてきた〝⺟を写真に撮る〟という強い想いを胸に、遠い昔に確かに⽣きていたシュトゥットガルトを巡りながら 12 ⽇間(2019年7⽉29⽇から8⽉9⽇)で撮影した写真を、父が設立し今年50周年を迎える舞踏の稽古場<天使館>で、初めに発表します。まるで人の一生を見ているような、そんな普遍的な写真の束として、本作は鑑賞者の生に触れることでしょう。会期中にはイベントも多数開催します。この貴重な機会にぜひご来場ください。

 

 

『これはダイアリーに過ぎない。けれど、超ダイアリーである。』   ー 笠井爾示

 

 

イベントのお知らせ各イベント 定員: 20名 ※定員に達し次第、締め切らせていただきます)

Vol.1 / トーク(日時:11月6日(土)18:00〜(開場:17:30) / 料金:1,000円)
出演 トーク : 笠井爾示(写真家)、中田耕市(金沢21世紀美術館・学芸員)、藤木洋介(キュレーター)

Vol.2 / ダンス(日時:11月7日(日)18:00〜(開場:17:30) / 料金:1,000円)
出演 笠井瑞丈(舞踏家)、上村なおか(ダンサー)

Vol.3 / オイリュトミー(日時:11月13日(土)18:00〜(開場:17:30) / 料金:1,000円)
出演 オイリュトミー : 笠井禮⽰(オイリュトミスト)、浅見裕子(ダンサー、オイリュトミスト)

Vol.4 / 舞踏 トーク(日時:11月14日(日)17:00〜(開場:16:30) / 料金:1,000円)
出演 舞踏 : 笠井 叡(舞踏家)
トーク : 笠井爾示(写真家)、笠井久子(プロデューサー)、藤木洋介(キュレーター)

*イベントのご予約は、メールまたはお電話で承ります。(藤木洋介宛 / Mail: info@yf-vg.com / Tel: 080-4339-4949)

*メールの件名に「笠井爾示 写真展 イベント予約」と明記し、ご希望のイベント名・お名前・電話番号を記載して送信ください。

*各イベントの料金 / 1,000円(税込)は、入場料 / 500円(税込)が含まれております。

*ご入場の際は、マスクの着用をお願いいたします。

 

プロフィール

笠井爾⽰(かさい・ちかし) 

1970 年⽣まれ、写真家。1996 年初個展「Tokyo Dance」(タカ・イシイギャラリー)を開催。翌年、同名の初作品集「Tokyo Dance」(新潮社/1997)を出版。以降エディトリアル、CD ジャケットやグラビア写真集を⼿がけ、⾃⾝の作品集を多数出版。主な作品集に「Danse Double」(フォトプラネット/1997)、「波珠」(⻘幻舎/2001)、「KARTE」(Noyuk/2010)、「東京の恋⼈」(⽞光社/2017)、「となりの川上さん」(⽞光社/2017)、「七菜乃と湖」(リブロアルテ/2019)、「トーキョーダイアリー」(⽞光社/2019)、「BUTTER」(⽞光社/2019)がある。2020 年 2 ⽉に 10 作⽬となる作品集「⽺⽔にみる光」(リブロアルテ)を発売。

 

天使館(てんしかん)

天使館は笠井叡によって1971年の春に設立されました。名前の由来はローマにある有名な城“天使城”(サンタンジェロ)。空を飛ぶ天使からもらったわけではありません。この天使城はローマの歴史の中では二つの役割をもっていました。ひとつは牢獄として長く使用されたこと、もうひとつはその後マニエリスム絵画の収集の宝庫となったことです。マニエリスム絵画とはルネ・ホッケが名著『迷宮としての世界』の中で述べているように、中味・本質が見えなくなるほどに技術が前面におし出された絵画のことです。というわけで天使館は人間が天使に進化することをもくろむ場所ではなく、人間の身体にアプローチしていくための技術を研究するセンターです。

 

展示協力

天使館
中田耕市(金沢21世紀美術館 学芸員)
Daniel Yamada
大平一枝
株式会社 誠晃印刷
KATT inc
MATCH and Company Co., Ltd.
Yosuke Fujiki Van Gogh Co., Ltd.

Copyright © 2020 Yosuke Fujiki Van Gogh all right reserved.